包装部

包み楽しさを発信するラッピングサイト

帰省土産ラッピング

帰省のお土産を爽やかな色の包装紙でラッピング。無地包装紙を二重に重ねることで清楚な雰囲気が出せます。

ラッピング手順

ラッピングの下準備については斜め包みのページをご確認ください。

ラッピング手順画像

1.
左図は箱を置く目安の数値になります。
箱は、上(天)を左側に、正面を上にして置きます。 箱の1つの角が紙から出る位置で対角線上に沿って置きます。

ラッピング手順画像

2.
紙の左端をつかみ、対角線上にある角の方向へ持ちあげます。
つかんでいる角ともう片方の角が水平になるところで軽く折り目を入れます。

ラッピング手順画像

3.
先程入れた折り目に沿わせて箱を置きます。
ポイントは紙の対角線に対し直角になるように箱を置く事です。

ラッピング手順画像

4.
箱の右下の角が紙の外に出る位置を探します。
箱の位置は、紙の対角線に対し直角でなければなりません。

ラッピング手順画像

5.
手前の紙を持ちあげて箱に沿ってかぶせます。
かぶせた紙の形が二等辺三角形になり、箱の3分の1が隠れる位置を探します。

ラッピング手順画像

6.
紙の左側を箱に沿わせて折り込み立ち上がらせます。
不慣れな方は右手でしっかり押さえないとずれていってしまうので注意が必要です。

ラッピング手順画像

7.
角度を変えてみると左図のようになります。

ラッピング手順画像

8.
余った紙を箱に沿わせて手前に折りたたみます。
左側の紙が箱よりはみ出る時は、折り込みを深くして、箱から紙がはみ出る事がないようにします。

ラッピング手順画像

9.
角度を戻して次の工程にいきます。
6と同じように、左側の紙を折り込みます。

ラッピング手順画像

10.
箱を掴んで奥へ起き上がらせます。
回転包みという名前の由来になっているのは、この工程を指します。

ラッピング手順画像

11.
同じ要領で奥へ倒します。
左側の紙が箱よりはみ出ている時は、9まで戻り折り込みを深くしましょう。

ラッピング手順画像

12.
右側の紙も6や9と同じように折り込み、左へ折りたたみます。
少し深めに折ると綺麗に仕上がります。

ラッピング手順画像

13.
同じ要領で手前に折りたたみます。
ここで、たるみがないか確認します。

ラッピング手順画像

14.
箱の対角線(赤色の線参照)で山折りをして入れ込みます。
まず谷折りをして対角線を把握してから山折りをすると綺麗にできます。

ラッピング手順画像

15.
同じように一番上にかぶさった紙も、対角線(赤色の線)で山折りをして入れ込みます。

ラッピング手順画像

16.
斜め包みの完成です。
対角線に沿ってシールを貼ると見栄えがよくなります。

ラッピング手順画像

17.
最後に箱を裏返し(表が上)適当な長さに切った別の紙を巻き、リボンで留めれば完成です。リボンの結び方は蝶結びのページをご覧ください。

使用したラッピング用品


35-808
ロールタイプ ペールライム
[商品詳細]


35-807
ロールタイプ スカイブルー
[商品詳細]


35-6189
小巻リボン 250 みず 12
通販サイトで見る